• HOME
  • 障害年金の対象となる傷病

障害年金の対象となる傷病

障害年金の対象となる傷病の例

障害年金の対象となる傷病(病気)は、幅広いものです。
以下に対象となる病気の一覧を紹介します。
文末には対象となる症状の基準についても紹介しています。
目の傷病 白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、網膜色素変性症、両人工的無水晶体眼、眼球振盪症など
聴覚 メニエール病、感音性難聴、突発性難聴など
肢体 重症筋無力症、関節リュウマチ、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、変形性股関節症、人工股関節など
脳の傷病 脳卒中、脳出血、脳梗塞など
精神 統合失調症、うつ病、躁うつ病、てんかん、発達障害、知的障害など
呼吸器疾患 気管支ぜん息、肺線維症、肺結核など
心疾患、高血圧 狭心症、心筋梗塞、高血圧性心疾患、悪性高血圧症など
腎疾患、肝疾患、糖尿病 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全、人工透析、肝硬変、肝ガン、糖尿病、糖尿病性と明示されたすべての合併症など
その他 悪性新生物(ガン)、高次脳機能障害、化学物質過敏症、各種難病(強皮症、パーキンソン症候群)、その他難病など

障害年金の等級

障害等級は日本年金機構の認定医が「裁定」と言われる決定しています。

事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象