• HOME
  • 障害年金の真実

障害年金の真実

障害年金を申請するためにはお医者様に病状について診断書を書いてもらう必要があります。
この時にお医者様に書いて頂いた診断書に関して年金を申請される方から「疑問」や「不満の声」をよくお聞きします。
その「疑問」や「不満」の理由の大半がお医者様に書いて頂く診断書が実際の症状よりも軽く書かれてしまう(障害年金を申請される方の日常生活の実態とかけはなれた記述がされている)であることです。
こうなってしまう理由としては下記が考えられます。

・お医者様は年金を申請される方の日常の生活を知ることができない
・年金を申請される方が日常の生活をお医者様に伝えることができない(文章が書けない、伝えることができない)
・診断書を書くお医者様が少ない

このような診断書の書き方をされてしまう(病状が軽く書かれてしまう)ことにより、もらえる年金額が少なくなったり、年金がもらえなかったりすることがあります。
当センターでは、上記のように、年金を申請する方が「損をする」ことのないよう専門家のノウハウによるサポートをさせて頂いております。


事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象