網膜色素変性症で障害基礎年金2級を取得、5年遡及が認められ遡及約395万円を受給できたケース

相談者

性別:女性(50代/無職)
傷病名:網膜色素変性症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年間受給額:約79万円

相談時の相談者様の状況

10年前の健康診断で変性疾患の疑いを指摘されました。特に自覚症状はなかったのですぐには病院を受診されませんでしたが、次第に太陽の光を眩しく感じたり夜間の外出が怖いと感じたりするようになったため病院を受診したところ網膜色素変性症と診断されました。
その後障害者手帳2級を取得されました。
視野障害で2級を認められている場合は、障害年金においても2級に該当する可能性が高いと判断できます。初診日によっては遡及請求もできると判断しました。

相談から請求までのサポート

遡及請求の診断書は障害認定日より3ヵ月以内の現症について記載されたものと現在のものを提出する必要があります。健康診断で指摘された日を初診日とすると、障害認定日頃に通院されておらず、診断書の作成ができない状態でした。網膜色素変性症の治療のために初めて病院を受診した日を初診日とすると、障害認定日頃に検査を受けており、診断書も作成できる状態でした。そこで病歴・就労状況申立書は、病院を初診日として作成しました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年間約79万円と初回振込日に認定日からの遡及として5年分の約395万円支給も認められました。
遡及請求も認められたということでとても感謝いただけました。

事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象

お客様の声
受給実績・受給事例
障害年金の基礎知識
よくあるご質問
当事務所について

当事務所について

スタッフ一同
Access

ACCESS