脳出血で障害厚生年金1級を取得、年間約227万円を受給できたケース

相談者
性別: 男性
年齢: 60代
職業: 無職
傷病名
脳出血
年間受給額
約227万円
決定した年金種類と等級
障害厚生年金1級

相談時の相談者様の状況

ご本人は脳出血により高次脳機能障害が残り、退職を余儀なくされました。ご家族で障害年金の申請を進められておられましたが、自分たちだけでは不安とのことで当センターにご相談をいただきました。

相談から請求までのサポート

記憶障害、言語障害と視野狭窄等がありましたが、障害認定基準から判断すると視野狭窄については障害等級に該当しないものと考えられ、また、記憶障害(精神用診断書)と言語障害(言語機能診断書)2つの申請で障害等級に該当する可能性が充分あるものと考えられましたので2つで進めることとしました。

精神用診断書は日常生活状況の評価内容が重視されますので、ご家族よりから日常生活で不便に感じられていることを聞き取り、医師に診断書を作成いただく際に参考資料として添付いたしました。

結果

障害厚生年金1級を取得、年間約227万円の受給が決定しました。
後遺症が多くあり、複数の種類の診断書を提出しても必ずしも障害等級が高くなるとは限りませんので、どの診断書で作成いただくかしっかり検討する必要があります。
ご本人は退職され、ご家族の援助がなければ生活が成り立たない状態でしたので1級が認められ安心しておられるご様子でした。

事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象

お客様の声
受給実績・受給事例
障害年金の基礎知識
よくあるご質問
当事務所について

当事務所について

スタッフ一同
Access

ACCESS