頸髄損傷で障害厚生年金3級を取得、年間約93万円を受給できたケース

相談者
性別: 男性
年齢: 50代
職業: 会社員
傷病名
頸髄損傷
年間受給額
約93万円
決定した年金種類と等級
障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

自転車で帰宅途中、道路で転倒し前額部を強打しました。検査の結果、頸髄損傷と変形性頚椎症と診断されました。全身の痺れや歩行困難、膀胱直腸障害等があり、事故前と比べて生活も仕事内容も制限されておられましたので、障害年金の申請をしたいとご相談いただきました。

相談から請求までのサポート

杖を使用しなければ歩行が困難な状態であったこと、また、日常生活の状況等から障害等級3級に該当する可能性があると判断しました。
障害年金の審査において医師が作成する診断書が重要となります。本人の障害の程度や状態に無関係な欄は記入する必要はありませんが、重要な部分の記入漏れ等がある場合そのまま審査されてしまいますので、出来上がった診断書はしっかり確認する必要があります。また、日常生活における動作の障害の程度は「〇、○△、△×、×」の4段階でそれぞれの動作について記入しますが、補助用具を使用しない状態で判断することになっております。しかし、杖や装具を使用した状態で記入をされてしまうと現在の症状よりも軽く判断されてしまいますので、作成前に現状を医師に伝える必要があります。
予めご本人から日常生活における動作の程度や仕事の際に不便に感じていること等を聞き取り、診断書の参考として医師に伝えるようにしました。

結果

障害厚生年金3級を取得、年間約93万円の受給が決定しました。
日常生活や仕事内容にもかなり制限が出ていたのでとても感謝いただけました。

事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象

お客様の声
受給実績・受給事例
障害年金の基礎知識
よくあるご質問
当事務所について

当事務所について

スタッフ一同
Access

ACCESS