心機能障害(ペースメーカー装着)で障害厚生年金3級を取得、年間約107万円を受給できたケース

相談者
性別: 男性
年齢: 50代
職業: 会社員
傷病名
心機能障害(ペースメーカー装着)
年間受給額
約107万円
決定した年金種類と等級
障害厚生年金3級

相談時の相談者様の状況

別の手術のための処置入院時に不整脈が見つかり、循環器内科へ転科入院となりました。精密検査の結果ペースメーカーの装着が必要との判断で、転科から4日後にペースメーカー移植術を受けられました。
ご自身で障害年金の申請を進めておられましたが、書類の作成等が不安とのことでご相談を受けました。

相談から請求までのサポート

人工弁や心臓ペースメーカー、ICDを装着している場合は3級に該当します。
ペースメーカーを装着した場合は、初診日から1年6か月を経過していなくても、装着した日から障害年金を請求することができます。ご本人は初診日から4日後に装着されましたのでその日から請求をしました。
また、診断書の既往歴欄に心疾患の病名が複数記載されており、今回の傷病と因果関係があれば初診日も変更になることから、担当医に今回の傷病との関連性を確認しました。すると因果関係がない旨の回答を受けました。関連性を疑われないよう病歴・就労状況等申立書に担当医から確認した内容を詳細に記載しました。

結果

障害厚生年金3級を取得、年間約107万円の支給が認められました。
審査では既往歴との関連性も確認されますので、診断書に記載されている内容の見落としがないように気をつける必要があります。

事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象

お客様の声
受給実績・受給事例
障害年金の基礎知識
よくあるご質問
当事務所について

当事務所について

スタッフ一同
Access

ACCESS