アイザックス症候群で障害厚生年金1級を取得、年間約167万円を受給できたケース

相談者
性別: 男性
年齢: 30代
職業: 無職
傷病名
アイザックス症候群
年間受給額
約167万円
決定した年金種類と等級
障害厚生年金1級

相談時の相談者様の状況

奥様より障害認定日が間近なので申請の相談をしたいとのご連絡をいただきました。
ご本人は数年前より下肢にこむら返りが出現するようになりました。次第に感覚障害や痺れも出現するようになり医療機関を受診されました。その後の検査でアイザックス症候群と診断されました。入退院を繰り返しておられましたが症状は思うように改善せず、全身の筋痙攣や痺れやこわばり、足の痛みや突っ張りがあり、電動車椅子を使用し、トイレや風呂以外はベッドの上で過ごす状態でした。
ご本人は外出ができないため奥様に当センターへお越しいただき詳しいお話をお伺いしました。

相談から請求までのサポート

お話をお伺いする限りでも、日常生活の状況から2級以上に該当するだろうと考えられました。「肢体」の症状で申請する場合、診断書の「日常生活における動作の障害の程度」の評価も等級の判定に大きく影響することから、本人の状況をまとめたものを自己申告書として医師に渡し、診断書作成の際に参考にしてもらうようにしました。
また、障害年金の審査では「診断書」が重視されますので、出来上がった診断書は内容に漏れや修正が必要な部分がないかしっかり確認する必要があります。ご本人に症状があるにもかかわらず、医師の記載漏れ等があると、症状がないものと判断されることがあります。

結果

障害厚生年金1級を取得、年額約167万円の受給が決定しました。
相談時点では休職をしておられましたが、退職が決まっていたため、1級が決まって奥様も安心しておられました。ご本人に代わってご家族が申請を勧める場合でも、介護をしながらであると、中々申請が思うように進まなかったり、不安なことが出てきたりするかと思われます。そのようなときは障害年金の専門家に相談するのも1つの方法かと思われます。

事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象

お客様の声
受給実績・受給事例
障害年金の基礎知識
よくあるご質問
当事務所について

当事務所について

スタッフ一同
Access

ACCESS