• HOME
  • 障害年金Q&A

障障害年金Q&A

  • Q 外国人と障害年金について

    私は、飲食店を経営しているブラジル国籍の女性です。2年前に聴力を失い、現在は全く聴こえなくなりました。日本に来てから国民年金の保険料はすべて納めていますが、外国人にも障害年金は日本人同様に受給資格はあるのでしょうか。

    A.回答

    かつての日本の国民年金制度では、外国人を適用外としていました。
    しかし厚生年金に関しては、従来から外国人であることに弊害はなく加入することが可能でしたが、昭和57年に難民の地位に関する条約(難民条約)が批准される以前には、国民年金法に国籍要件が存在していたために、厚生年金に加入していなかった日本に在住する外国人の方は、昭和56年3月31日までは国民年金に加入できなかったのです。
    したがって、国民年金を納める以前に初診日のある外国人の方は、残念ながら障害年金の受給対象とはなりません
    このような制度の不備によって、いわゆる「無年金外国人」の方が生み出されることになり、現在社会的に問題視されてきています。
    ちなみに、国民年金に任意未加入であったことにより障害年金の加入条件を得られない場合として、他にも以下のようなケースが挙げられます。

     (1)日本国籍の保持者であって、20歳以上60歳未満の昭和36年4月から61年3月までの海外在住期間
     (2)学生であった平成3年3月までの期間
     (3)昭和61年3月までの被用者年金制度加入者の配偶者であった期間
     (4)厚生年金保険の脱退手当金を受給した期間

    ご質問の限りでは、ご依頼者は国民年金加入中に初診日をむかえ、保険料納付要件である被保険者期間の3分2以上の保険料納付(含む免除)を満たしていると思われます。
  • Q 年金未納について

    原則に従って20歳から国民年金に加入していますが、1年前より未納状態です。4年前に肝炎を患い初めて受診し、現在では肝臓がんに進行しています。国民年金が滞納状態であっても障害年金を請求することは可能でしょうか

    回答

    現在、年金の未納大きな社会問題として取り上げられています。
    「年金=将来の老齢年金」と考える人が大半を占めているといった現状ですが、障害年金にも大きく関わる問題です。早い段階で自身が障害年金を受給することは誰しも想定しがたい部分ですが、一定の未納状態が続くと、障害年金の受給が不可能になる可能性があるため、重大な問題となってしまいます。
    重要ポイントとして、障害年金が請求可・不可は、現在の保険料納付状況ではなく初診日時点の保険料納付状況によって決まります
    具体的には、初診日の前日の時点において、初診日の属する月の前々月までの公的年金制度に加入すべき全期間のうち、その3分の2以上の期間が保険料納付済か保険料免除済で満たされていれば請求可能です。
    またそうでない場合は、平成28年3月31日までの特例(平成3年5月1日以降に初診があるときのみ)で、初診日の属する月の前々月からさかのぼった1年間が未納なしの状態であれば請求は可能です。
    相談者の場合、初診日前の保険料納付要件を満たしていると見られるので、年金請求は可能です。

    なお、経済的な余裕がないという理由により保険料を払えないといったような場合、保険料免除申請の手続きをすると、支給要件における納付済み期間としてカウントされます。また一部免除の場合は、減額された保険料を納付すると納付済み期間としてカウントされます。
    何らかの事情で保険料の納付が困難になることもありますが、その場合であっても未納状態を続けずに、免除や納付特例を申請しておいた方が賢明です。
  • Q 障害手当金について

    先日、事故で左手の中指を失ってしまいました。厚生年金加入中の障害の傷病の程度が軽い場合、障害年金ではなく障害手当金という制度が適用されると聞きましたが、障害手当金とはどのような制度なのでしょうか。

    回答

    障害手当金とは、病気やケガで障害者となった際に、障害の程度が軽い場合に一時金としてもらえる制度のことです。
    これは障害厚生年金制度にのみある制度です。 さて、この障害手当金の受給できるかどうかの可・不可に関しては、次の5つの要件に該当するかどうかで決まります。

    1.厚生年金保険の加入中に初診日があること
    原則として、初診日時点において厚生年金保険に加入している必要があります。
    つまり、民間の会社やお店などに勤めている間に初めて受診した病気やケガが対象となります。

    2.初診日から5年経過の間にその病気やケガが治っていること
    初診日から5年経過しても完治しない病気やケガについてはこの障害手当金は請求することができません。
    病気やケガが治った場合にのみ、請求することができます。

    3.病気やケガが治った時に一定の障害の状態にあること
    障害手当金がもらえるかどうかは、治った状態次第で決まります。
    つまり、障害認定基準の障害手当金に該当する程度の症状かどうかということが判断基準となるわけです。
    この認定基準は、厚生年金保険法施行令の別表第二に定められています。別表第二には全部で22の症状が規定されていますが、15号目に「一上肢のひとさし指を失ったもの」があります。

    4.一定期間以上の保険料納付があること
    初診日の前々月まで年金加入期間(被保険者期間)のうち、滞納期間が3分の1未満ならば、障害手当金の請求ができます。

    5.病気やケガが治ってから5年以内に請求すること
    障害手当金についても、他の制度と同様に、自分自身で請求しないと受給することはできません
    障害手当金の請求は5年の時効がありますので、注意しましょう。
  • Q 障害年金の制度の全体像

    そもそも、障害年金とはどのような年金のことなのでしょうか。どのような場合に受給できるのですか?
    制度自体について知らないので、基本的なことから教えてください。

    回答

    年金の制度は、複雑で、ましてや障害年金は多くの人にとって身近なものではないので、受給や制度に関して複雑で着手できづらいものであるかもしれません。
    しかし、基本的な枠組みは老齢年金と同じです。
    国民年金からは「障害基礎年金」、厚生年金からは「障害厚生年金」という名称の年金が出ます。
    なお、公務員の方には「障害共済年金」が出ます。
    これら3つの障害者対象の年金を総称して「障害年金」と呼びます。
    障害年金は、ケガや病気になって、その後それが原因で障害が残ってまった場合に、障害の程度に応じて出るものです。
    「障害の程度に応じて」と書きましたが、これは1級、2級、3級といった等級で表示されるのですが、障害が重さや程度によって、障害年金の金額は変動します。
    そして、身体障害者手帳の1級や2級とは内容や基準が異なりますので、身体障害者手帳で1級だからといって、障害年金の等級も1級になるというわけではありませんので、注意が必要です。

    それでは、どのような人が障害年金を受け取れるのでしょうか。
    障害年金は、障害の原因となった病気やケガについて、診断を一番初めに受ける初診日に年金に加入していることが必要です。最初に診察を受けた日のことを「初診日」といいますが、障害年金にとってはこの初診日が大変重要なポイントになります。
    初診日に国民年金の保険料を払っていた人は障害基礎年金を受け取ることになりますが、厚生年金に加入していた人ならば、厚生年金は国民年金とセットで加入しますので、障害基礎年金と障害厚生年金の2つを受け取ることになります。
  • Q 着手金について

    着手金0円とありますが、本当ですか?

    回答

    はい。本当です。多くの社会保険労務士事務所では着手金を2万円~3万円、多いところでは10万円とっていますが、当センターでは無料でサポートを承っております。
  • Q 成果報酬について

    成果報酬って本当ですか?

    回答

    はい。本当です。当センターでは着手金も無料ですので、障害年金をもらうことができたとき、費用を頂きます
    その場合も受け取った年金から費用を頂くため、経済的に苦しい、困っているという方でも安心してサポートを受けることが出来ます。

    但し、ご契約時に事務手数料¥5,000(税別)をお支払いいただいております。(郵送費、電話代、年金加入条件確認調査等必要経費分として)

    障害年金が受給できるとなった場合、最初にみなさまの口座には4か月~6カ月分の年金が振り込まれます。その中からサポート費用をお支払い頂くため、障害年金が受給できたのに、なかなかお金が入ってこない…ということにはなりません!
    安心してご相談ください!
  • Q 追加費用について

    追加費用はかからないのでしょうか?

    回答

    はい、基本的に一切かかりません。追加相談なども無料です。
    但し、一部病院への同行、診断書の受け取り代行など、一部の業務は別途費用がかかる事もございます。詳しくは、ご相談下さい。
  • Q 働いていても障害年金をもらえるか

    障害年金って働きながらでも、もらますか?

    回答

    はい、もらえます。精神疾患での申請は働きながらだと難しいようですが、その他の障害であればもらえる可能性があります。
    当センターで定期的に開催している無料相談会では、障害年金をもらえるかどうかの診断も無料で行っております。お気軽にお申し込みください。
  • Q 初診日について

    障害年金がもらえる人の条件の中に「初診日」とあります。よく分からないので、教えてください。

    回答

    障害年金の初診日とは一言で言えば、「申請する傷病に関して、初めて病院に行って診察を受けた日」を指します。
    ここで誤りがちなのが、初診日の考え方です。
    精神疾患の方を例に挙げて説明します。

    **************************************************************************
    ある日、頭痛などがしたために内科に診察をしてもらいにいった人がいたとします。
    その人は内科で診察をしてもらった結果、これは神経性のものだから、心療内科に行った方がいいよと言われました。
    その後、症状が悪化し、障害年金を申請しようと考えています。
    **************************************************************************

    この方の場合の初診日は内科で診察を受けた日になります。
    つまり、申請する傷病のきっかけとなった症状に関して、最初に診察を受けた日が初診日となるのです。

    この初診日について、よく分からないという方は当センターで定期的に開催している無料相談会でも説明しております。お気軽にお声掛けください。

事例バナー

ImgTop11.jpg

他病気の対象

お客様の声
受給実績・受給事例
障害年金の基礎知識
よくあるご質問
当事務所について

当事務所について

スタッフ一同
Access

ACCESS